東関東大震災について思う

大地震について なかなかコメントできなかった。それは、以前かり屋の従業員だった そして宮城県女川に家族がすんでいる木村君の事を気遣っていたからでした。昨日やっと家族が元気であるとメールがあってほっとしたからであります(他の何万という被災者について 何も気にならない訳ではないので申し訳無い) 木村へ 新宿の仲間は皆応援してるんで たいした事できないけど、できる事は何でもするんで言ってね。

今思うことを少し。 こんな事があるのかと思ったのは共通の認識で在りましょう 被災者の現在の日々の生活を想像すると 胸が締め付けられる。何かできる事はないかとテレビ等を見て思うのだが くりかえし流される映像に何の意味があるんだろうとおもう事もある。自衛隊 消防 ボランティア そのほか頑張ってる方々には 本当に頭がさがります。がしかし テレビの伝え方は 目ざわりだよね。 たしかに情報は大切なんだけど 変にお涙ちょうだいの矮小化された 可哀そう映像はまったく必要ない。                                                                                                        

今大切なのは感動や情緒ではなくて 具体的な 寒さ 食べ物 金 イロイロあるけど 向こうのみなさんに 役立つことでしょう 今あるテレビの伝え方は逆効果だよ。それを見られるのは 被災者以外の人達だけなんだよ。

可哀そう映像を見ている人間は 自粛と言う 大切かもしれないが そのことに縛られかなり窮屈になってしまう。物を買うのもはばかれるし うまいもを食べる 酒を飲む 等々 やっちゃいけないような風潮がないだろうか?

もちはモチ屋というけど 僕らのできることは 北で頑張ってる人を 心で応援するしかないんじゃないかな。日本国民すべてが 落ち込んでどうするの。節電もだいじ それはわかる。でもね僕らにできる一番の事は いっぱい飲んで いっぱい食べて 経済を元気にすることじゃないかな?そして税金なり寄付なり がんがんやろうよ。 誤解をおそれず今 言っとこう テレビを捨てて街へ出よう そして酒飲もう 食べよう

元気になろう。                                大将                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

遊酔亭 かり屋

TEL:03-3354-6797

東京都新宿区新宿3-3-7
酒井ビル 1F
(新宿三丁目駅から徒歩2分)

地図はこちらです

17:00~翌5:00

ご予約・お問い合わせはお気軽に!