おススメのお酒

お待ちかね 年2回 の入荷 赤霧島 が入ったよ 早い者勝ちだ 縁起物なんだから。はやくおいで うまいよ~      大将                                                            

      左から国権(福島) ビキニ娘(青森) あたごの松(宮城) どれもかなりウマイ 一度飲んでみて

                                                                                        

最近 日本酒を飲まれる方は かならず東北の酒を飲むんだよね。少しでも 力になりたいと言う気持ちがうれしいよね。 今 奇跡の酒として 応援している 日高見が入りました。平井社長の挨拶をそのまま紹介します。

このお酒は、平成23年3月11日(金)の東日本大震災によって被災したお酒です。純米酒を中心に大吟醸や純米吟醸など、発酵中のお酒が被害に逢いました。震災直後、仕込み蔵は地震の揺れの激しさから、発酵中のお酒ががタンクから溢れ、床一面、白い絨毯を敷き詰めたのかと、錯覚するような情景でした。溢れ出た酒は霧状になり辺り一面に立ちこめ、蔵の奥が良く見通せない状況で、目の前の光景を疑いました。そして、溢れ出たもろみが発生している音なのか、今まで聞いた事のないような音が蔵内にこだまし、まるで酒の悲鳴のようにも聞こえ、何とも言えない恐怖感を覚えました。建物のいたるところが壊れ、立ち入る事が困難になり、同時にライフライン寸断し、発酵中のお酒の管理が出来なくなってしまいました何の手立てもできず、ただ、呆然と指くわえて見守る日々が続きました。一週間が過ぎても復旧の目処が立たず、発酵中のもろみの全廃を覚悟しました。しかし、震災から二週間目、電気など一部ライフラインの復旧などが重なり、諦め掛けていたもろみを、遂にお酒として甦えさせる日がやって参りました。ただ、放置している時間が余りにも長く、垂れ口から搾り出されるお酒の品質がとても心配でした。しかし、我々の心配をよそに、そのお酒はとても力強く生命力に溢れ、我々に勇気と希望を与えてくれました。本来の酒造りでは、如何に良い酒を造ろうかと凌ぎを削りますが、このお酒からは普段の酒造りでは味わえない感動を貰いました。

蔵の有る宮城県石巻市はこの度の震災で、壊滅的な被害を受けました勿論、弊社も甚大な被害を受けました。しかし、被災した石巻市の惨状を見た時に、弊社は本当に生かされてたのだと、強く感じるほか有りませんでした。普段の生活では感じ得ない、感謝の気持ちを強く痛感させられ、造り酒屋として何か地域に貢献する事は出来ないか、自然と、その様な気持ちが芽生えて参りました。そして、この気持ちを大事にしたいと考えるようになり、この被災したお酒を震災復興酒として販売し、少ない金額になりますが、売上金の一部を義援金として、私達の住む石巻市に献金したいと考えております。また、我々が励まされた、このお酒を通して、ご愛飲頂く全ての方々に希望の光をお送りする事が出来れば幸いに思います。

(株)平孝酒造 店主謹白

と言うことです。応援しなくちゃね。        大将

焼酎の品ぞろえは20種以上いろいろ呑んでください                                                                                                                                 ひだりから、佐藤 冨乃宝山 八幡 中々普段は呑めない焼酎です

遊酔亭 かり屋

TEL:03-3354-6797

東京都新宿区新宿3-3-7
酒井ビル 1F
(新宿三丁目駅から徒歩2分)

地図はこちらです

17:00~翌5:00

ご予約・お問い合わせはお気軽に!